blog

我が家の庭

天気予報では曇りのマーク。実際は光が注ぐ上天気。
我が家の庭は、一方がジャングル化。梯子の登り降りが少し怖い。それに剪定鋏も、庭木を伐るハサミが
全部鈍っていて、切れない。この6年、ろくに手入れをして来なかった。
それでも初夏にむかい、花壇のサツキ、ドウダンツツジ・満点星、が少ない花を咲かせている。
そろそろ終わりに近い白い椿も、まだ花を付けている。道端の二輪草の白い小花もこれからたくさんの花を咲かせる。
そんな中、2月にタイランドで開催された展覧会の報告書が届いている。今日はまた「Art for ALL 2024」の賞状が
届けられた。M.L パトラスダ・キティヤコ-ン賞 とある。国立シラパコーン大学主催の展覧会であった。
パトラスダ殿下は、ソムラップ殿下のお嬢様。お小さい頃にお目文字にかかり、かれこれ26年の歳月をえて、殿下は
一般社団法人藝文協会の会長にご就任あそばされるという。お父上のソムラップ殿下の跡を継がれる。

頂戴した賞状をアップします。
庭の花々を先にしましょう。

紅白のサツキ
紅白のサツキ
二輪草
二輪草
ドウダンツツジ・満天星
ドウダンツツジ・満天星
秋葉ツツジ(新潟の秋葉区から頂いて来たもの)
秋葉ツツジ(新潟の秋葉区から頂いて来たもの)
今日届いた賞状
今日届いた賞状
「元禄」『Art for All 2024』で頂きました
「元禄」『Art for All 2024』で頂きました
訳文
訳文
出品証明証
出品証明証
寄贈の証明賞
寄贈の証明賞
おしゃれな人
シラパコーン大学に収蔵
おしゃれな人
訳文
訳文

MINERVA 2024

昨日は「MINERVA 2024」のうちの発刊記念パーティーが、明治記念館で開催され、出席して来ました。
今年8月にイギリスのマル・ギャラリー(MALL GALLERIES)において開催される英国王立美術家協会(RBA)
の特別名誉会員として、展覧されるものです。
書籍は5月に全国書店販売、英訳付きです。
桜が咲き始めた日の少し肌寒い一日でしたが、大勢の特別名誉会員達に混じって、
私も2022〜2023年に続き2024〜2025年までの特別名誉会員証を戴いて来ました。
株クオリアート主催です。

英国王立美術家協会 特別名誉会員証
英国王立美術家協会 特別名誉会員証
会長のミック・ディヴィス氏と(氏は王立バーミンガム芸術家協会名誉会員)
会長のミック・ディヴィス氏と(氏は王立バーミンガム芸術家協会名誉会員)
長谷川さゆり氏撮影
長谷川さゆり氏撮影
明治記念館の庭の様子
明治記念館の庭の様子
ミック・ディヴィス氏のご挨拶
もちろん最初のセレモニーです。
ミック・ディヴィス氏のご挨拶
英国へユニオンジャックと金の馬車 浮かべて空もロイヤルストリート  という歌をつけました
英国へユニオンジャックと金の馬車 浮かべて空もロイヤルストリート  という歌をつけました

展覧会終了

第67回目の展覧会が終わりました。
昨日今日と暑いくらいの陽気。
始まった頃は雨が降り、出足も鈍りましたが、手作り芳名帳の半分くらいが埋まりました。
お運びくださいました方々、誠に有難う御座いました。
遠くは京都から、脅かそうという魂胆で、本当にビックリ‼️したことです.90歳の諸々の
先生。夫金城宏孟のことをあが弟といってくださる方。弟に見せてと、写真に収まってくださる。
栃木県小山市や、茨城県から、伊豆市からの方々。
また、ご家族に重病人を抱えておられるひと、等、短い6日間でした。
ニューヨークの人が言った、“ユウコの絵は目が喜ぶ” ということや、
富士宮市での展覧会の時に目の見えない人が、波動で見る、ということを言い、
ここに赤い絵があるのね、ここはピンクの絵ネ、 といったエピソードを聞いてもらう機会がありました。
飾り付けが上手 というお言葉もいただきました。有難うございました。
また見てください。
写真をいくつかアップします。

記憶力の極めていい和美さん(四点お持ち)と
記憶力の極めていい和美さん(四点お持ち)と
葉山万福寺の檀家役員の方と(左)二度目のご来場の方
葉山万福寺の檀家役員の方と(左)二度目のご来場の方
写真に収めてくださって
写真に収めてくださって
ストップ ザ ワー と私。二度目のご来場のアーティスト響子さん撮影
ストップ ザ ワー と私。二度目のご来場のアーティスト響子さん撮影
亜大の一期下のご主人をお連れで、日本画家の佐々木信江氏
佐々木信江さんの日本画も亜大の2号館にあります。130号サイズ
亜大の一期下のご主人をお連れで、日本画家の佐々木信江氏

展覧会三ヵ目

美庵での展覧会は今日で三ケ目。初日は雨。昨日、今日三ケ目と上天気。
出足は悪くない。画廊巡りの人たちが時々ご来場。
新宿の世界堂で、DMハガキを見て持って来られた美術愛好家の人が、昨日今日と居られた。画廊が
置かせていただいたものだ。ギャラリーガイドを持って来られた人も居る。
今しがたは、下北沢のギャラリーで見たという人が来られた。ご案内はお出ししていない。
ご住所を書いて行かれないので、お出し出来ない。美庵でもお名前さえも書いて行かないお人だそう。
今回はお名前をお書きいただいた。なるほど見たことのあるお名前。
美術愛好家は銀座といわず、下北沢までも足を運んでくださると分かった今日でした。

おもての看板
おもての看板
同じく表の看板
お客さまからの提供
同じく表の看板

67 回展の飾り付け

明日から始まる第67回展の飾り付けを終わって帰宅しました。あらかじめシュミレーッションをして置いたので、
担当者の受けも良く、17点の絵は思ったよりもスムーズに飾り付けました。額装無しの作品が半分なので、手慣れた画廊の担当の人と、すいすい!と飾りました。絵の搬入が早かったこともあり、私が到着するまでには、荷解きも終わり
絵を並べておりました。
まぁ、担当者さんはこれから事務所に戻って、キャップション作りですが。
それも今頃は終わっていることでしょう。絵の邪魔にならないように小さなキャップションにして欲しい旨を伝えて
帰って来ました。
銀座金春通りです。どうぞお立ち寄りください。
お待ちいたしております。

ご案内状 
「オータムスケッチ」非売品
ご案内状 
右 ウィーンの恋  左 ストップ ザ ワー
右 ウィーンの恋  左 ストップ ザ ワー
左から あかりを灯して オータム スケッチ「非売品」 真ん中 ゆらめき
左から あかりを灯して オータム スケッチ「非売品」 真ん中 ゆらめき
左から ピノキオの幻想 中  道道  右 矢の恋文
「矢の恋文」は非売品です
左から ピノキオの幻想 中  道道  右 矢の恋文
真ん中 のんき村  右 マジックアワー
真ん中 のんき村  右 マジックアワー
左 列島
左 列島
左 シワも枯れる 中 夜の祭り  右 富士さん踏まないで
コラージュ作品
左 シワも枯れる 中 夜の祭り  右 富士さん踏まないで
左 私のノラクロ・エル  右 パグ・ブル
ちぎり絵
左 私のノラクロ・エル  右 パグ・ブル
真ん中  靴屋さん
真ん中  靴屋さん
列島
列島

お彼岸の中日

夕刻になって、小雨が降り始めている。昼間の温かさとは段違い。
お中日の恒例、菩提寺 万福寺の本堂で、彼岸会法要。コロナ禍で長い間、お塔婆をいただくのみの
行事であった。副御住職のお話の後、ご住職による読経と、ご回向。春季彼岸会法要はおよそ1:30強。
本堂は準備された椅子が少し足りないくらいの檀家のお集まり。法然上人が開宗して850年という浄土宗。
ナミアムダブツとお唱えする。あらかじめお届けしてある「かっぱ村公報紙」265号と、私の豆冊子を
関心のある方たちに貰っていただいている。豆冊子の48と49番は表紙がいっぱい余っているので、作って
いない事がわかる。何せコロナの中であった。今回の50版目は、表紙が少なくなっている。

さて、来週の火曜日から、展覧会が始まる。
明日は梱包作業を予定している。広い画廊では無いので、15点を準備した。
額装をしていないミデアムサイズが5点。あとはコラージュだったり、小品だが、
額入り、額無し。
搬入搬出をこれまでは夫に頼っていたが、今はそれが出来ない。
業者さんは、予定あり。資金不足で、グズグズしていたのだが、間に合わなかった。
自分でしなさいという事。

荒れ放題の庭に花桃が咲いている。そこだけが明るい。

花桃
鬱蒼となっている狭い庭
花桃
田舎の蕗のとう
田舎の蕗のとう
隣の熊野さま
子供の頃によく遊んだ場所
隣の熊野さま
跳び箱がわりだった石塔
跳び箱がわりだった石塔
多田家が祀る武鎗王観音・お不動様
実は今回も鍵を開けられなかった。弟は訳なく開けるのに。
多田家が祀る武鎗王観音・お不動様

2000年8月の北京

日泰華百家芸術大展 という展覧会が北京の紫禁城であった。2000年の8月。
このiPadを持つ前のこと。先日9日10日と富士宮市に行った時、話題に上った。
一緒に行った増田家の次男坊、たぁさんのことを母親の恭子さんが、行ったよね!というので、忘れかけていた
北京の旅のことを思い出した。アルバムを探し、開くと、時間が戻る。
強烈に覚えているのは、たぁさんがホテルの寝巻きを着けたら、西郷さんみたいになって、念はず写真を撮ったこと。
金城はもちろん元気で、記念写真になっている。衛星から見えるという万里の長城を見に行こう!と、誘った。
若いたぁさんは大学一年生だったという。あれから24年。
タイランドからは、ソンサワリ王女(現在)殿下の母上様、パンサワリ殿下が、我々と共に、北京にお運びになられた。
パンサワリ殿下のお付きの方が扇がれる羽の扇子では風が弱いだろうと、金城が舞扇を差し上げた、あの旅。
その夕刻にパンサワリ殿下から、お土産を賜った。私までも。
翌年、タイランドに行く時に、新しく買い求めた舞扇を、持参した。前のは使い古しだったから。
差し上げた翌朝のバスの中でパンサワリ殿下は、舞扇を開いたり閉じたりされて、遊ばれておられ、恐縮した。
さて、私はこれも忘れていたのだが、2点出品していた。一点はアメリカの画家で、お医者さんの奥さんである
シンチィナさんが買ってくださっている。
日泰華百家芸術大賞を受賞していることも忘れていた。
中国はオリンピックを前にしていたのに、夜9時になったからということで、文化大臣などが帰ると言い始め、実際に帰られた。賞状の授与は、タイランドのパンサワリ殿下がなされた。
厨房の人たちも消えたが、パーティはまだまだ続く。
お開きのタイムには、料理長やらボーイさんが無事に出て来られ、我々を見送ってくれた。
そんなことが思い出される。
漢方薬屋さんや、お茶屋さんにツァーのわれわれはつれていかれた。
そんな中、たぁさんは弟(2歳下)に頼まれた魯迅の「阿Q正伝」を本屋に探しに行った。
それは一冊にはまとまっていなくて、何やら20冊もありそうな、棚に40センチ以上もありそうだった。
スーツケースにはいりきれない。5〜6冊なら我々も入れてあげる。しかしたぁさんは確か諦めた。
そんな記憶が甦える。
お茶屋さんの庭に旧い小型飛行機が展示されていた。金城と私が写る写真があって、たぁさんは写してくれただけで
自分は写っていない。多分魯迅の本のことを、考えていたに違いない。今思い出すのはそんなことだ。
たぁさんはもう間も無く、40歳とのこと。金城はもはや自力では立ち上げることが出来ない。
そんな時間が流れた四半世紀。行く川の流れは絶えずしてしかも元の水にあらず、つくづく思うことです。

24年前の写真を載せておきます。

紫禁城前
紫禁城前
ホテルの椅子で出発を待つ
ホテルの椅子で出発を待つ
18歳になっていないたぁさん
18歳になっていないたぁさん
2点 出品していました。
2点 出品していました。
西郷どんみたいになって、たぁさん
西郷どんみたいになって、たぁさん
人民大会堂でこれからパーティと授賞式
人民大会堂でこれからパーティと授賞式
人民大会堂の柱
人民大会堂の柱
万里の長城
万里の長城
パトカー先導で行く我々のバス
パトカー先導で行く我々のバス
中国茶のお店の庭に展示されていた飛行機
たぁさんが写してくれた
中国茶のお店の庭に展示されていた飛行機

富士宮市を訪問

春近しの日差しの中、富士山麓の富士宮市に行ってきました。富士山が近く、圧倒される山容。1998年に表参道の画廊で出会った増田恭子さんとのご縁が続き、1999年、5月に第31回多田祐子の展覧会を、2000年8月に富士山展というグループ展を「芸術空間あおき」で開催したのでした。2008年に福岡県田川市での展覧会があった時には、田川市まで行く前後をスペッシャル富士宮展としてRihei蔵・その他の会場をお借りして展覧会を開催しました。田川市までは、増田屋さんの大きな車をお借りして、田川市迄運びました。とても懐かしい思い出です。
富士宮市のまちなかアートギャラリー第8回、第9回と参加。カトウギャラリーに展示。その後2012年2月アウターネットにて18日間ほど第56回展を開催いたしました。
アウターネットの代表が始められて何年かはお聞きしませんでしたが、FWA・富士山ワイルドアドベンチャーに厄介いただき、スタッフさん一同が鍋をしてくださいまして、とても美味しい豚入り野菜鍋。最後が豆乳のうどん入り。お腹いっぱい頂戴したのです。大きな湯船に増田さんと浸かり、ベッドでホカホカ、眠りました。
快晴の東側には大きな富士山が朝から元気をくれます。
 さて午後訪問したのは、芸術空間あおきで、只今開催中のカメラマン,ビル・ライオンズ(Bill Lyons)元ニューヨーク報道カメラマンさんの
ところへ。ご自宅の方へ先にお邪魔を。増田恭子さんは既に、冗談演技を広げる仲に。なかなか美しく整えられたお部屋の数々を見せていただき、私は雑然としすぎの我が家の状態を反省。壁には写真が飾られているのは当然ながら、飾り棚のコレクションも気の利いたものばかり。アメリカから日本にお引越しの時点で、98%ほどを涙のうちに処分してこられたそうな。奥さまのマミさんはご自分のものよりもカメラ
マンのビルさんの趣味のレコード、各賞状、コレクション、大事な家具類を持ってこられたそうで、間取りの良いお家の中は春の日差しの中でさらに輝いていました。お庭はとても広くて、管理が大変そう。今は冬枯れていて、ビルさん曰くワイルド・ガーデンと。
我が家の庭も年中ワイルド・ガーデン。ワイルド・ガーデンの東サイドに暗室の建屋があって、ご案内いただいた。
大型の機材が3台あって、洗い場も広く、頭上のロープには無数の洗濯?バサミ。
お庭の草花を我がiPad で撮りましたら、展覧会場のテーブルの上に、大げさじゃなく飾られていました。
ガテマラのコーヒーと出来立てレーズンパン、増田さんお持ち込みのゴマ入り健康サブレ・ぴんころ もご馳走になり、画廊からのお客様お待ちですの連絡に、急いで、芸術空間あおき へ。
とても懐かしい場所。経営者さんが元のままお使いで枕木の階段を上り、ビルさんの日本初の展示、白黒の大作や葉書大の作品を鑑賞。
ビルさんは影がお好きらしい。霧の中の淡い影も写しておられた。とても優しい眼差し。そのビルさんをこよなく愛されるマミ奥さま。
快活で、美しいマミさんは、通訳してくださって、一時間の訪問タイムを終えた。

話が前後する。芸術空間あおき。経営者の屋久さんに、手作り豆冊子と、3月の展覧会DMを差し上げる。第67回展の。1999年5月の話も
出て、一時間ほどの滞在で、来年4月の展覧会の話になった。ありがたい。しかし持ち帰って、暦を見なければ。
サァ、画して、第68回展の多田祐子展は富士宮市の「芸術空間あおき」と決まった。がんばろー!

写真を掲示します。

左から 植村氏 沙希さん 宮坂さん 2012年と変わらない
鍋の味付け中
左から 植村氏 沙希さん 宮坂さん 2012年と変わらない
左から 増田恭子さんと植村さん 沙希さん  KAZUくん(新入り)
左から 増田恭子さんと植村さん 沙希さん  KAZUくん(新入り)
左側:宮坂さんが到着して・ KAZUくんの脚立で
左側:宮坂さんが到着して・ KAZUくんの脚立で
ワイルド・ガーデンの万両と草花
ワイルド・ガーデンの万両と草花
 マミ奥さま       芸術空間からの連絡あって
ビルさんちの応接間
 マミ奥さま       芸術空間からの連絡あって
ビル・ライオンズ氏・作品の前で
庭の草花を  2階
ビル・ライオンズ氏・作品の前で
奥さまのマミさん
一階会場
奥さまのマミさん
FWAの広い会場から見る富士山
FWAの広い会場から見る富士山
朝食の後の増田さんと、Kazuくん
Kazuくんは英語が出来、フットボールパフォーマー
朝食の後の増田さんと、Kazuくん

Japan week in Sevilla 2023 の報告書届く

Japan week in Sevilla 2023 Japanese Art Selection— 50 の視点ー の報告書が届いた。
昨年の11月18〜24日までの一週間、遠いスペイン王国のセビリア市において開催された、Japan Week の一貫行事のひとつ。訪問は出来なかった。6号サイズの小品を出展した。いただいたカタログでは暗く写っていて、何か分からないが、月下のもとで、若者同士が恋を語っている。男の靴はもうすり減っている。そんな絵なんです。
小さな盾を頂いた。日西芸術平和祈念賞 と刻まれている。
昨日は今年初の望月。一昨日の十五夜の月も美しかった。世界の戦場の空にも月は輝いていたはず。
仰みただろうか?一刻も早く戦争状態を解除してほしい物だ。
戦争から生まれる良いものなんてありゃしない!
そう思う日々。
盾、証明書など
掲示します。

賞状と盾と報告書
賞状と盾と報告書
賞状
賞状
可愛い盾
可愛い盾
階段の左4枚目に小さな作品が見える「矢の恋文」
階段の左4枚目に小さな作品が見える「矢の恋文」

をんなの時間さまざま L (50)

私の日記歌・をんなの時間 さまざまのNo、50( L ) をいよいよ作り始めています。
昨年の9月からのもので、81首。表紙は印刷に出します。デザインを決めてメールします。
PDFにしたものを圧縮して、送信。中2日と注文したものを、中1日で出来て来ました。
夫金城が18日の午後に帰宅するので、それまでにはせめて300冊分はコピーをしておきたい。
今日の昼、高校時代の後輩に会うことになっていたのに合わせ、10冊ほど作り、手渡しができた。
夜に入って、郵便物を作ろうか、という今、眠くなっている。9:30を過ぎた。
表紙と裏表紙を掲示します。

をんなの時間さまざま L (50) の表紙& 裏表紙
をんなの時間さまざま L (50) の表紙& 裏表紙